ぽっきいブログ

唯我独尊ぽっきい師が伝える出会いのマインドと毎日のこと

Twitterで裏垢気取りのアラフォー人妻15人に会ってみた③

岐阜市在住・42歳 Hさんの場合】

 

岐阜駅のモスバーガーを出て、駅前の駐車場に向かった。

駅前の小さなロータリーには難題か車が停まっていて、運転席の窓から煙突のように煙を出している車があった。

 

もしかして・・・こいつ?

中を見てみると、売春宿の女主人みたいな、いかついビッグママが乗っている。たばこの持ち方が、人差し指と中指の間の付け根に挟むタイプ。たばこを吸うたびに手のひらで顔が隠れるあれ。おっさんか。ふう~って煙草を吐く。

 

うわあ。逃げようか。どうしよう。

とりあえず通り過ぎて歩き始めると後ろから声を掛けられた。

 

「せんせ♡」

 

それで振り返るのもなんだか悔しいが、振り返ってみると女性が。

「Hさんですか」と俺が訊く。

「そうですよ」

 

その女性は想像とは違っていた。背は165センチくらい、全体的に細身で白いワンピースに黒いレザージャケットを着ている。かなり見栄えがする。

失礼だが岐阜には似つかわしくないほどの美人だった。

 

「う、うわあ、目の保養になるう♡」と俺も調子のいいことを言ったが、すぐに心の奥から疑念が湧いてきた。

これ・・・あのビッグママのほうがむしろ良かったんじゃないか・・・と。

ちょっとまずいな、と。

 

俺の経験のせいなのか、胸騒ぎがする。

これまでキチガイじみたやりとりと、Twitterでの淫乱イキリと、目の前の姿が結びつかない。もちろんネットの中ではよくあることだ。人の内面と、表面に出てくる言葉や物語は結びつかないことが多い。

リアルでももちろんそうなのかもしれない。人は見た目によらないと言うが、見た目ではその人の過去や経験を推し量ることは難しいからね。

 

そうだとしても、このHは何者なんだろうか。何者なのかって、頭の悪い裏垢おじさんみたいなことを言うけど。深入りしてもいいんだろうか。

まさか、これからすぐにホテルに直行するつもりなんだろうか。

 

一緒に駐車場まで歩いて行った。

「これだよ」と車を指差した先にあったのは、ジャガーXJ。10年位前まであった丸目4灯のやつ。色はグリーン。

 

うーん。。。パチンコ屋の社長か、田舎ホストがローンで買ったやつか、風俗店のオーナーが乗ってるイメージしかない。まともな人物とは思えん。

よく見栄を張って中古車を乗り回す貧乏人がいる。そいつらの特徴は、タイヤの銘柄が韓国製だったり溝が減っていたりする。点検のステッカーの工場名が「〇〇自動車整備」みたいな町工場だったりする。ボディもくすんでいてたり、オードバックスで買ったようなダサい芳香剤が載っていたりする。

しかし、タイヤは新品で値の張るものだった。古い車のわりにボディには傷一つない。レザーシートもひび割れてはいないし、たばこや芳香剤の臭いもない。

 

まあ、よい。

車好きなんだろう。または夫の趣味の車なのかもしれない。そこそこ収入はある奥さんなんだろう。

無理やり自分を納得させた。

 

「お昼は食べた?食べに行く?」とHが言う。

 

「何を食べるの?」

 

「黒糖ちんぽ」

 

「ぐへへへ」

 

やっぱりHで間違いない。俺はもっとこう、品の無い小太りのおばさんを想像していた。人っていうのは見た目では分からないもんだ。リアルの生活でこのジャガーに乗った金持ちそうな中年女性が、Twitterで淫乱をイキるとは誰も想像すらしないだろう。

 

まあ、俺もそうか。俺がぽっきいだなんて、エロの仕事をしている人以外は分からないだろうから。人の見た目なんかあてにならない。

 

ふと思った。

 

河原にヘリコプターが着陸して、徒歩で会いに来るってもしかして本当のことなのか?

 

「今日はヘリコプターで着たよ。」と突然俺が言った。

 

「え?すごい!どこに着陸したの?」

Hはびっくりしたように言う。

 

「えーと、駅の反対側。着陸できないからハシゴ垂らして降りたよ。」

 

「かっこいい!帰るときはどうやってヘリコプターに乗るの?」

 

「またハシゴを垂らしてもらって、ば~い♡って手を振りながら飛んでいくね」

 

「すごいすごい!!」

 

Hはやけに興奮している。さっきまで俺は先生だったんじゃないのか。ば~い♡じゃねえよ。

この人、精神がアレな人なのかな。

 

LINEに着信があった。岐阜の元セフレRだった。

「どこにいくの?」

俺もどこにいくのか分からない。なんだか期待を持たせてしまったので、Hと別れたら会わずに帰るわけにいかないな。

俺は適当に返事をしておいた。「夕方、もしかしたら会えるかな?」

すぐに返信があった。

「会う会う!」

「時間が決まったらまた連絡するよ」

名古屋に行くまえに一緒に味噌カツでも食べて、ば~い♡とか言って帰ればちょうどいいだろう。

 

スマホから目を上げると、線路の脇の道路を走っているのに気が付いた。

 

向こうに巨大なラブホテルが見える。あそこに行くのか。

田舎に来ると、ラブホテルはインターチェンジか線路わきに建っているもんだ。

 

ジャガーがゆっくりとラブホテルの敷地に入っていった。昼下がりだというのに結構混んでいる。営業バンが結構停まっている。岐阜の営業マンはデリヘルでも呼んでさぼるのか。

 

黒いアルファードの隣が空いていたので、そこに停める。アルファードというのも田舎の風物詩だね。

 

「さ、行きましょう」とHが言う。

 

インタビューでもなんでもなく、なんだかラブホテルに入ってしまったがどうするんだろう。まあいい。

 

フロントで部屋を選び狭いエレベーターに乗った。地方のラブホテル感がすごい。結構苦手かもしれない。安っぽい芳香剤の匂いがずっと漂っている。

 

入った部屋はまあ、普通のラブホテルという感じ。

上着を脱いでハンガーにかけると、二人でソファーに座った。

 

う・・・おっぱじまるのか・・・と身構えていると、Hがしずかに言う。

 

「あなた、“ぽっきい”よね。」

 

ひえーーー・・・

 

血の気が引くのが分かった。

 

しまった。どこでバレたんだ。昔、ブログや掲示板サイトでさんざん派手に振舞ったので、どこで紐づけされているか分からない。

エロの世界で生きてきたので、誰に恨まれているか分からないわけで。

それなりにマナーとルールを守って生きてきたつもりだが、そんな綺麗ごとが通用しない世界でもあるわけで。

 

Hが笑顔を見せた。

 

「ぽっきいさん」

 

これは逃げるしかないのか。ジャガーとか、この人の見た目から、もっと先に気づくべきだった。まずい。トラブルの臭いがする。

 

Hは服を脱ぎ始めた。

 

【つづく】