ぽっきいブログ

ぽっきいが語るマッチングアプリ体験記

武勇伝おじさん(初老)が恋愛を避けるわけ

「俺は昔ずいぶんと遊んでいた」とか 「でも今は女遊びには飽きた」とか その手の武勇伝を言う中高年男性は多い。本当に多い。 特に田舎の一定の階層に目立つ。 その人たちに共通するのはお金がないということ。 お金がないというのは、それなりの収入はある…

新しいブログメディアのご案内【Love Rescue】

みなさま、ぽっきいでございます。 今日はみなさまに新しいブログメディア【Love Rescue】をご案内したいと思います。 Love Rescueとは? Love Rescueとは、アキラ師が2010年から不定期で書き続けているブログのタイトルです。かつては過激なセックスライフ…

マッチングアプリでの出会いのコスパはどのくらい?

こんにちは。 ぽっきいです。 今日のテーマは・・・ 出会いのコストについて でございます。 ぽっきいのCPAについて 登録したマッチングアプリ 課金した金額と活動期間 出会えた人数・一人当たりのコスト コストが高いのは既婚者マッチングアプリだが・・・ …

マッチングアプリで相手に写真を要求されたらどうする?

こんにちは。ぽっきいです。 今日の話題は マッチングアプリで写真を要求してくる相手にどう対応する? です。 「写真を見たいです」 「本人確認のため」「不安だから」は100%嘘 本当の理由は・・・男女ともに見た目でジャッジするため 写真を要求されたら…

最近人気のギャラ飲み、ぽっきいが徹底解説します

みなさん、ギャラ飲みって知ってますか? えっと、パパ活とか援交とかアレ系のアレでしょ?と思っている方も多いはず。特にオジサンには縁遠い言葉ですよね。 ギャラ飲みをオジサンに分かりやすく言うと、「出張コンパニオン」みたいなものです(平成レトロ…

ぽっきいの発信場所まとめ

読者のみなさま、こんにちは。 ぽっきいです。 現在、ぽっきいが発信しているメディアについてまとめました。 といっても多くはありません。 tumblr(タンブラー)、Twitter、Twitter旧アカウント、そしてこのブログの四つです。今までは「ぽっきいメソッド」…

マッチングアプリで出会えない理由→多くの人が理解していないこと

マッチングアプリでこんな失敗はありませんか マッチングしない マッチングしても会話が続かない せっかく会ったのにフェードアウト あなたの「出会いのプロセス」に欠陥がある 失敗している人のプロセス 成功する人のプロセス 理想的な移行率 上級者のコツ …

マッチングアプリ・出会い事件簿【人格崩壊編】

みなさんこんにちは。ぽっきいです。 お待ちかねの新しいシリーズをリリースいたします。 その名も、 マッチングアプリ・出会い事件簿【人格崩壊編】 でございます。 マッチングアプリに潜入取材すること数年。これまで沢山の出会いがありました。 素敵な出…

【婚活】なぜマッチングしたのに会話が続かないのか

みなさん、ぽっきいです。 今日の話題は、なぜマッチングしたのに会話が続かないのか?というお話しです。 最近すっかり市民権を得たマッチングアプリですが、しょせん出会い系サイトです。2000年代の出会い系サイト時代から慣れ親しんだ人たちはハートが強…

欲望とは、はたして美しいものなのか

みなさん、こんにちは。 ぽっきいです。 今日の話題は・・・ 「欲望とは、はたして美しいものなのか?」でございます。 ここ数年、マッチングアプリの潜入取材を続けています。マッチングし、やり取りをし、本当に出会うこともあるし、事情を話して取材行為…

【2023年9月】マッチングアプリ最新事情→出会えるマチアプ

【この記事はPRを含みますが取材と体験に基づいています】 みなさん、こんにちは。ぽっきいです。 本日は2023年7月です。 現時点での出会い界隈の最新事情を解説していこうと思います。 そして、 ・どうしたら出会えるのか ・どのアプリをやるべきか につい…

日本製「ラブドール」の深い精神世界と存在意義とは

【この記事はPRを含みますが取材に基づいています】 ラブドールという存在を知っているでしょうか。 結論から言うと、精巧に人体(主に女性)を模した人形のことです。 特に中高年男性に著しく誤解されているため、「ダッチワイフでしょ?」と言われることが…

デートクラブを使うと簡単に美女と出会える(やれる)

【この記事はPRを含みますが取材と体験に基づいています】 今日は、男性にとって一番手っ取り早く美女とセックスする方法を教えたいと思います。 結論から言います。 デートクラブです。これはタイパ、コスパともに最高です。 ぽっきいが解説していきます。 …

既婚女性が婚外恋愛をする方法

【この記事はPRを含みますが取材と体験に基づいています】 今回の記事は、めずらしく女性向けの記事です。 簡単に読めるので最後までお付き合いください。男性にとっても何かの気づきになればと思って書きます。 テーマは、既婚女性が婚外連ををする方法、で…

出会って、それで何がしたいのか

こんにちは、ぽっきいです。 今日は、ふと思ったことを短い文章で書いていきたいと思います。 テーマは・・・ あなたは出会って、それで何がしたいのか?です。 普段からTwitterやブログで出会いについて発信しています。リアルで出会いの指南をすることもま…

出会い系サイトが崩壊する時を迎えたかもしれません

今回の記事は少し真面目な記事です。 テーマは 出会い系サイト終焉のときを迎えたかもしれない・・・です 最初に昔話をします。 10年くらい前、ぽっきいはかなりの苦行を続けていました。 それは、 「毎日、新規の女性とセックスする、それを1000日間続ける…

いまあえてPairsをやってみる→絶対おすすめ

【この記事はPRを含みますが取材と体験に基づいています】 こんにちは。ぽっきいです。 今回の記事は、まだペアーズで出会えるのか??です。 結論から言います。 ペアーズはかなり出会えます。今すぐ登録して試してください。 ペアーズ、聞いたことがある人…

既婚者専門アプリは恋とエロでムンムンでした

ぽっきいです。 昨年こんな記事を書きました。 pockypower.hatenablog.jp 既婚者専用マッチングアプリが最近急に流行り出していますが、人気があるのは次の三つです。 Cuddle(カドル) ヒールメイト 既婚者クラブ 既婚者専用マッチングアプリについて詳しい…

【出会ってみた】matchでぽっきいが出会いました【実践編】

【この記事はPRを含みますが取材と体験に基づいています】 みなさま、こんにちは。ぽっきいです。 最近出会いの現場から離れていると思われているぽっきいですが、実はひそかにちょいちょい出会ってます。 普段Twitterなどで偉そうなことを並べているので、…

アプリで必須のクレカ課金。クレカがない人はどうする?

【この記事はPRを含みますが取材と体験に基づいています】 クレジットカードがないと出会いが難しい みなさま、ぽっきいでございます。 今日はフォロワーの皆様からいただいた質問に答えたいと思います。 ではいきます。 男性、40歳の方です。 「マッチング…

「既婚者専門アプリ」の世界とは

既婚者だけど新しい出会いがしたい・・・ 家庭は壊さずに、恋愛気分に浸りたい・・・ 妻や夫とは出来ないセックスに溺れたい・・・ そういう願望ってありますよね 昭和の時代は素人さんには無理な願望でした。 婚外で気楽に遊ぶとか、セフレとか、そんなのは…

Twitterで裏垢アラフォー人妻15人に会ってみた④【岐阜在住Hの場合】

【岐阜市在住・42歳 Hさん場合】 「あなた、ぽっきいよね」 Hはそう静かに言った。 どこでバレたのだろう。ヘリコプターで河原に降りるセフレと会っているとかキチガイじみたことを言うHだが、実は俺がぽっきいだということを知っていたということか。 Hは俺…

【奇跡】おじさんが出会えるマッチングアプリはある?→あります

【この記事はPRを含みますが取材と体験に基づいています】 40歳を超えたら急にエロい出会いがない・・・ そう思うことが増えていませんか。 ・写真を送ったらブロックされた ・せっかく会えたのにお茶して終わった ・ホテルに誘ったら嫌われた 全然上手くい…

【潜入】既婚者マッチングアプリを試してみた

【この記事はPRを含みますがぽっきいのエロ体験に基づいています】 既婚者専用のマッチングアプリとは何なのか ある日、親しくしている女性(34歳既婚)からこんなLINEをもらいました。 「ぽっきい、このアプリ知ってる?既婚者専用マッチングアプリなんだけ…

マッチングアプリで真面目さは要らない

今回の記事のテーマは・・・ マッチングアプリの正しい使い方 です 普段、出会いの指南をしているわけではないが、よく質問をもらう。 話を沢山聞いていると、まじめに頑張っているのに出会いがあまり上手く行ってない人に共通する点がいくつかある。 それは…

自傷としてのセックスに溺れていく女の話【最終回】

金曜日の夜にるかと待ち合わせをした。 きっとその日の夜にるかと待ち合わせをしたら、セックスをすることになってしまう。 るかは当然そのつもりだし、強引に押し切ってホテルの部屋に連れ込まれるだろう。 もうスタッフでもないし、成り行きに任せてもいい…

自傷としてのセックスに溺れていく女の話 3

るかと待ち合わせしたのは、ある巨大な駅の改札口。午前11時30分の待ち合わせだった。 俺は約束の時間の10分前に着いていたが、ふと思って駅の中のコーヒーショップに入た。るかのような病気の人間は、約束通りにはやってこない。30分どころか、数時間遅れて…

自傷としてのセックスに溺れていく女のお話 2

6月だった。 るかが俺に、バイトを辞めたいと言った。彼氏が出来たし、就活しますと。 おおそれは良かった。俺は思った。ほんの数か月前の状況を思えば随分と健康的になった気がした。貧乏なおっさんたちの無料肉便器になっていたような女が、彼氏ができ、就…

自傷としてのセックスに溺れていく女のお話 vol.1

スタッフの妹がヤリマン状態になっていたことがあった。まだ20歳なのに貧乏なオジサン達の慰み物になっていて。それが主体的な行動なら言うことはないんだが話をしてみるとリスカ跡をある。自傷としてのヤリマンなわけで。強制的に辞めさせたら反発がものす…

間違えたメッセージを頭に送ってはいけない

20代のはじめから自営業をしていると、節目節目で臆病風に吹かれる。 何かのきっかけで、心の中の熱意が冷めてしまうのを感じる。 商談を成功させようとか思って書類を準備しているとき、「こんなの売れねえよな・・・」とか思ったり、「こんなやり方が続く…