ぽっきいブログ

ぽっきいが伝える出会いのマインドと毎日のこと

自傷としてのセックスに溺れていく女の話【最終回】

金曜日の夜にるかと待ち合わせをした。

 

きっとその日の夜にるかと待ち合わせをしたら、セックスをすることになってしまう。

るかは当然そのつもりだし、強引に押し切ってホテルの部屋に連れ込まれるだろう。

 

もうスタッフでもないし、成り行きに任せてもいいのかとも思った。

深く考えても仕方ない。夫もいるんだ。彼女が乱交サークルで何をしていようと俺の問題ではない。夫が心配すべき問題だ。

 

その頃の俺は、毎日新規の女性と出会ってセックスするという記録を継続中だった。るかと待ち合わせした日も新規の女性(人妻、32歳)とラブホテルに行き、その後にはセフレの22歳(大学生)、その次に同じくセフレの人妻(28歳)と会った。

 

このままの勢いで22時になったらるかと会う。

 

るかの希望通りセックスしようか。

 

そう考えて、俺は一度部屋に戻り、シャワーを浴び仮眠を取った。その日はるかが一日のうちで四人目のセックスとなる。いつもは6人とか普通にあるのでなんてことはないのだが、気持ちが盛り上がらない。

 

せっかくなら盛り上げて夢中でセックスするひと時にしたいのにな。

 

気持ちを切り替えよう。るかと楽しもう、そう思った。

 

目を覚ましたのは20時30分。自分で作っておいた野菜スープと固くなったフランスパンを食べた。

セフレ活動をするときに必ず着ているのは細身のスニーカーパンツとオーバーサイズのスウェット、そしてレザーのブルゾンにスニーカー。脱ぎやすく、疲れない。

 

そんな本気のセフレ活動の見た目を作った。

 

待ち合わせ場所の某高級ホテルに着くと、ロビーのソファに座った。中国人観光客が大きなスーツケースを持って大声で騒々しくしていた。なぜいつもスーツケースを持ち歩くのか分からないが、やかましい。

 

約束の22時を過ぎたが、例によってるかは現れない。翌週に会う新規の女性からメッセージが来て、アンダーヘアはあったほうがいいのかないほうがいいのかという質問に返事をしたり、一年ほど連絡をしていない52歳の女性から怒りと嘆きのメッセージが届いていたので弁解したりして、時間を潰していた。

 

「ぽっきい」と呼ばれたので顔をあげると、るかがそばに立っていた。笑顔だった。

 

るかは黒いコートを着ていた。コートの中には胸が開いたワンピースを着ている。

 

「部屋を取ってるよ。」とるかが言う。

 

「うん。」俺は言葉が見当たらず、無言でエレベーターに向かった。

 

「緊張する。」部屋まで歩いていく静かな廊下で、るかが言う。

 

部屋に入るとすでに照明が暗い。るかが先にチェックインしていたらしく、部屋を薄暗くしていた。

そしていきなり始まった。

プロ同士のセックスなのでまあ、空中戦みたいなもので。ハメ撮りしてほしいと言うのはカメラを取り出して撮影もする。

 

昔聞いていた通りの絶叫。喘ぎ声とかのレベルじゃない。廊下には丸聞こえだろうし、隣の部屋の人がいるとしたら迷惑だろう。耳が痛い。

なんだかアクロバティックな体位を繰り返して、三時間くらいも対戦していた。気が付くと0時を大きく超えていた。

 

シャワーを浴びてバスローブをまとい部屋に戻ると、テーブルの上にホールケーキが置かれていた。ろうそくに火が灯っている。

「ぽっきい、先週誕生日だったでしょ?」

 

ケーキはこのホテルのものらしい。冷蔵庫に入れてもらっていたとか。

 

昔のことをよく覚えているんだね。

単なるキチガイだと思っていたが、こういうところがるかの素敵なところ。こんな部分があるから俺はるかを忘れずにいたんだ。

 

「ハメ撮りしたもの、私にも送って見せて。」

るかが笑った。

 

その夜は明け方に気絶するまで、るかとおしゃべりをした。もうすでに人妻となっているるかだけど、目の前にいるのはあの頃の20歳のるかのままだった。

 

「乱交サークルなんてもう辞めなよ。」

俺が言うと、るかは「そうね。」と言ってケーキを食べた。

 

「ぽっきいがセフレでいてくれるなら。」

 

俺がるかの居場所になるなら、輩との付き合いを断つなら、そうするよ。輩よりも俺の方がはるかに安全なセフレだろうから。

 

それからずっと、るかとは男女の付き合いをしている。

やはりどこか精神的な疾患か障害が隠れているのか、不安定になることもある。でも昔のような突拍子もない行動はしない。

 

性依存だとしたら、治癒はされていない。相手がぽっきいだけというだけだ。俺が男数人分の役割をこなしているというだけ。

 

るかはまだ若い。これからどうなっていくのか俺も不安だが、責任を持ってかかわっていくしかないよね。

自傷としてのセックスをどう癒すのか、俺には分からないけれど。

 

 

自傷としてのセックスに溺れていく女の話 3

るかと待ち合わせしたのは、ある巨大な駅の改札口。午前11時30分の待ち合わせだった。

 

俺は約束の時間の10分前に着いていたが、ふと思って駅の中のコーヒーショップに入た。るかのような病気の人間は、約束通りにはやってこない。30分どころか、数時間遅れてやってくることもよくある。

 

とりあえず、るかから電話かメッセージが届いたら出ていくことにした。

 

案の定、約束の時間には現れず。しかし30分が過ぎた頃にやっとメッセージが届いた。

 

る:「着きましたよー。どこにいます?」

 

ぽ:「今すぐ行くよ」

 

俺は会計を済ませ、小走りで改札に向かっていくと、るかがこちらに気づき右手を挙げて大きく振っていた。満面の笑顔。

 

る:「ぽっきいは変わらないね~」

 

昔、事務所で働いていた頃と比べると、るかは随分と印象が違う。俺の勘違いだったかなと思うほど明るく、どこか大人びている。29歳だもんな。昔はもっと気だるい雰囲気で、追いつめられたような印象があったんだが。

しかし、ぽっきいとセックスしたいと言って今日待ち合わせたのだ。やはりまともではないと思う。

 

ぽ:「お姉ちゃんはどうしてる?」

 

かつてスタッフだった姉のことを尋ねた。

 

る:「うーん、分からない。ずっと連絡してないから。」

 

居酒屋で喧嘩別れして以来、話したことがないのだろう。結婚式も来なかったくらいだ。まあいい。あのしっかり者の姉のことだ。きっと幸せにしていると思う。電話番号もLINEも知っているが、連絡は避けている。

 

るかは俺の腕に手を回し、言う。

 

る:「もうホテルに行く?それともごはんいこうか?」

 

本気なのかよと思った。当然のことながら、かつてのスタッフのるかとセックスするわけにはいかない。いや、少なくとも、るかとするわけにはいかないのだ。

 

ぽ:「ごはんいこうか。何を食べたい?」

 

る:「この辺りは詳しくないからぽっきいに任せるよ。」

 

俺は、るかとしっかり話をしようと思っていた。なるべく静かで話が出来る店がいい。歩きながら考えて、繁華街の中にある古い喫茶店にした。店内が薄暗く、ナポリタンとアイスコーヒーを頼めるような店だ。

 

お昼時だというのに店は空いていた。サラリーマンがうろつく界隈ではないのでランチタイムに混雑するわけではないのだろう。モケット地の古い椅子に座り、俺はナポリタンとホットコーヒー、るかはサンドイッチとアイスコーヒーを注文した。

 

ぽ:「最近、どうしてるの?仕事とか」

 

る:「あ、言ってなかったね。わたし結婚したんですよ。」

 

ぽ:「ええ?結婚してるの?知らなかったよ。」

 

る:「子供もいるんです。2歳ですよ。今日は保育所です。」

 

ぽ:「それはそれは、おめでとう。うれしいよ。」

 

しかし、新婚であるにもかかわらず俺とセックスしたいと言っているのは、まともじゃないな。

 

ぽ:「じゃあもう昔みたいに派手に遊んだりはしていないんだね。」

 

飲み物と料理が運ばれてきた。るかが店員の女性に笑顔でありがとうと言った。

 

る:「それがね・・・」

 

ぽ:「まさか、不倫してるとか。」

 

る:「不倫はしないですー。でも・・・。」

 

るかが変な表情をした。隠し事を打ち明けるときの困ったような、いたずらっ子のような顔。

 

ぽ:「でも・・・」

 

る:「・・・サークルに入ってるんです。」

 

ぽ:「サークルとは?」

 

だいたい想像がついた。エロの世界にはいろいろなサークルがある。SMごっこサークル、変態ごっこサークル、スワッピングごっこサークル、乱交ごっこサークル、フリーセックスごっこサークル、などね。ソロで活動できる実力も根性もない奴らは必ず群れるのだ。そして自分たちのことを「〇〇界隈」とか「〇〇界」などと嘯く。なんてことはない、性的弱者の男どもが、発達障害精神疾患を持つ女を弄ぶだけの素人の群れでしかない。

 

る:「ぽっきいなら想像ついていると思うけど。」

 

ぽ:「そうだね。昔と同じようなものだろ。」

 

る:「あ、でも昔とは違うんです。危なくないやつです。身元の安全は確保されているんで。」

 

されているわけがないだろう。

金を払っているならまだしも、エロのサークルに属す女の素性など売り飛ばせば金になるんだ。親バレ、旦那バレ、職場バレをちらつかせて言うことを聞かせるのがオチだ。

 

るかの話では、定期的に某高級ホテルで「集い」が開催されるという。男たちがホテル代を負担し、るかを招いてお楽しみをする。男たちも女たちも、お互いに素性は知らない。知っているのは主催者である40代の男だけらしい。

 

る:「だから安全なんです。」

 

安全では全くないけどな。

 

るかはその集いに毎週行くのだと言う。俺からしてみれば、20歳の時と何も変わってない。

自傷行為としてのセックスを、快感だと勘違いしているだけ。

 

じゃあ、なぜ俺とセックスしたいと思ったのか。その点を訊いてみた。

 

る:「ぽっきいのブログを読んでいるんだよ。毎日誰かとセックスするってやつ。たぶんぽっきいの方がセックスがすごいから、一度お願いしたいなって。」

 

うーん。

この人は、俺とどういう関係で、過去にどういう経緯があって、という部分が抜けているんだろうか。

いくら俺が毎日誰かとセックスしているからと言って、元部下に手を出すと思っているのか。

 

ぽ:「旦那さんとはセックスしないのかい。」

 

る:「してますよー。」

 

ぽ:「どうして外食が必要なのかな。」

 

る:「ストレス発散ですよ。」

 

ストレス発散か。嘘ではないのだろう。でも正確には違う。ストレスを感じると自傷行為をしたくなるんだ。それを性欲と勘違いしている。普通の人間はセックスでストレス発散はしない。ストレス発散だとしたら、やっているのはセックスではなく自傷だ。

 

どうしたらいいのだろうか。

結婚している女性なので、治療を勧めるのも出過ぎた真似なのかもしれない。治療でなければ少なくともカウンセリングは必要だとは思う。

 

ぽ:「お父さんはどうしてる?」

 

る:「連絡をしていないので分からないなー。定年退職して家にいるんじゃないかな。」

 

その時、るかのiPhoneが鳴った。

「あれ、保育所からだ。」

 

電話に出て、1時間くらいで行けます、と言っていた。

 

る:「ぽっきい、ごめん、子供が熱があるみたいでお迎えに行かなくちゃ。ホテルは今度でいい?」

 

ぽ:「いいよ。」

 

俺はホッとしていた。ホッとしている場合じゃないんだが。

 

その日はそこで終わった。駅の改札でるかを見送った。るかは手を大きく振って、振り返ると小走りで電車に向かっていった。

 

可愛い女なのにな。どうしたものだろうな。

 

その夜、23時を過ぎた頃。るかからLINEでメッセージが来た。

 

る:「今日はごめんね。」

 

ぽ:「いいよ。子供は大丈夫なのかい。」

 

る:「大丈夫。ぽっきいは、再来週の金曜日の夜、空いてる?」

 

残念ながら、空いていた。

 

る:「じゃあ、少し遅くなるけどセックスしませんか?」

 

まだやる気なのか。

 

とりあえず、金曜日の22時にある高級ホテルのロビーで待ち合わせをすることにした。

 

 

自傷としてのセックスに溺れていく女のお話 2

6月だった。

 

るかが俺に、バイトを辞めたいと言った。彼氏が出来たし、就活しますと。

 

おおそれは良かった。俺は思った。ほんの数か月前の状況を思えば随分と健康的になった気がした。貧乏なおっさんたちの無料肉便器になっていたような女が、彼氏ができ、就活もしたいと言うのだから。

 

ぽ:「良かったね。優しい男なのかい。」

 

るかがうなずく。断片的に聞いたところによると、彼氏は5歳年上の25歳で、大学を卒業してから損害保険会社で働いているらしい。奨学金と自動車ローンがあるけど頑張って返しているのだとも言った。

 

きちんとした人じゃないか、安心したよ。文系の学生に人気の大企業だろ?給料も高いし借金があっても大丈夫だよ。困ったことがあったら俺に電話して。

俺がそう言うと、るかはまたうなずいた。

 

帰っていくとすぐにLINEでメッセージが届いた。

 

「直接言えなかったんですけど、わたし、まともになれたのはぽっきいのおかげです。あのままだったら死んでたかもしれない。」

 

そうか、と思った。

だがしかし、これで一件落着の感動ストーリーとはいかないのは、俺も経験上痛感している。

 

るかは自分で言った通り、1か月ほど就活をしていた。進捗は出来る限り俺に教えてと言っていたので、毎日のようにメッセージが来ていた。

 

高校を卒業してからハンバーガー屋のアルバイトと風俗嬢しか社会経験がない20歳だったが、年齢と外見の良さのおかげだろう、大手自動車ディーラーの事務員と、生命保険会社の事務員の両方に内定をもらうことが出来た。

るかは、保険会社は仕事が難しそうだから自動車ディーラーの方がいいかなと言っていたが、俺は保険会社にしとけと言った。自動車ディーラーは風俗時代の客が来るかもしれない。そしたらまたおかしなことになる。保険会社の事務員なら接客をすることは稀だろう。女性社員も多いので安心できる。彼氏も保険会社だから共通の話題も出来ていいだろうし。

 

るかは俺の言うとおりに保険会社に就職を決めた。

 

風俗嬢の時は月収が50万円くらいだったというので、そこに俺は不安があった。いくら大手企業に就職しても高卒の中途社員の月給など、良くて20万円程度だろう。それでまた風俗に戻る女はたくさんいる。

 

しかし彼氏と共通の話題があるせいか、俺の心配をよそに仕事を辞めたいという言葉は聞かなかった。

数か月経ち、また冬がやってきても平穏そうに見えた。るかと会う機会はなかったが、少なくともメッセージ上は健全な精神状態を保っている気がした。

 

このまま仕事が続き、彼氏とも仲良くやれていたら、2年くらいもしたら子供が出来て結婚するということになるかもしれないな・・・と、るかの姉とも話をすることが多くなった。

 

だが・・・考えてみると、そんな簡単な話ではないはずだと思い直した。病院での治療もカウンセリングもせず有耶無耶になって、ただ就職させただけの話だ。それだけでしかない。表面だけ、整ったのは。

 

案の定、また暗雲が立ち込める。

 

クリスマス直前のこと、るかがメッセージをくれた。

 

「彼氏が浮気してたの。」

 

「そうか。」

俺は同情するふりをしたが、浮気ぐらい男ならあるんだからブランドバッグか何か買わせて仲直りしろよと思っていた。

話を聞いていると、彼氏は自分から浮気していると言ったのだと。相手は職場の同期の女性。名の知れた大学を出て、自分と話が合う、とまで言ったと。

 

「その人より私の方が劣ってるの?」と聞いたら、劣っていないけど、疲れたと答えたという。

 

あ~~~・・・分かる気がする~~~~~

 

 

と心で強く思った。

そりゃ疲れるわ。

 

元風俗嬢だ、話すこともバカっぽいだろう。それ以上にるかはメンヘラ要素が強いので、情緒が安定しない。俺にも「ぽっきいは何人いるの?」と変なことを訊いてきたことがある。「〇〇(姉)と私の悪口を言ってるんでしょ。」と言ってきたこともある。

被害妄想と支離滅裂な言動と衝動的な行動を繰り返していたら、彼氏も疲れる。しかもまだ25.6の若者だ。落ち着いた同期の女性の方がはるかにまともで心地いいはずだ。

 

るかの姉を仕事の合間に呼んで話をした。

 

姉:「彼氏にリスカを見せればそれはそうなるし。」

 

・・・それな。

 

不幸の沼に溺れてはそこで居心地よさそうにしていれば、彼氏も疲れるんだよ。

 

あのとき、ちゃんと病院に連れていくべきだった。風俗を辞めさせて満足していた俺も悪い。

姉もそう思い始めたようだった。「やっぱり治療が必要なレベルよね?」

 

俺もるかのような女性とたくさん付き合ってきた。治療をしている人もいたが、多くは病気を放置していた。

変な話だが、共通することがあった。

 

セックスの時の喘ぎ声が絶叫系なのだ。声が大きいとかじゃない、そんな大声が出るのかよってくらいの音量。悲鳴。決してエロくはないし、耳が痛くなる。

 

姉にふと訊いた。るかはどうなのかと。

 

姉が笑って答えた。るかの昔の彼氏が、るかが絶叫するのでアパートでセックスできないと言っていたことがあると。

だよな。

感情とか感覚のコントロールが利かなくなっているのか。セックスで湧き上がってくる感情のせいで大音量の声になるのか。

 

それを「淫乱」とか「セックス好き」とか「若い女を開発している」とか勘違いするクソジジイどもがいたわけだ。肉便器にしていると、絶叫しているのでジジイ共も喜んだことだろう。

非モテの連中は必ず勘違いするんだ。

 

世の中の脳イキごっこも、淫乱イキリ界隈も、SMごっこも同じだ。治療が必要な女を美化している。女もそこに居場所を求めるので勘違いしている。

 

ぽ:「はあ。どうしたらいいんだろうな。」

 

姉と事務所で無言になってしまった。

 

数日後、予想していた通り、るかは保険会社の仕事を辞めた。

 

「ぽっきいのところで働きたい。」そう言ったので、もちろんいいよと答えた。また事務の仕事だけど。

 

でも違う、客を取りたいという意味だと言うので、俺は断った。

 

ぽ:「言いづらいけど、るかは病院が必要かもしれない。いま風俗の仕事をしたら病気を重くするよ。」

 

る:「わたし病気なんだ?w」

 

ぽ:「病気だと思う。でも治療してけば良くなる。」

 

る:「もう私にかかわらないで!」

 

るかは怒ったようだった。もちろん気持ちは分かる。病気だと言われたら嫌だろう。彼氏にもそう言われたと思う。

 

俺の管理下で希望通り風俗嬢をさせたらよかったのか。自分の価値を信じられない女がやるのは危険だ。るかの姉は、るかとは違い自己肯定感は桁違いに高い。自己肯定感が低い女がやっていける仕事ではない。自傷のつもりで風俗嬢をやっていても、まともな客はつかない。下衆なジジイが群がるだけだ。

 

そのあと、るかは姉とも大ゲンカした。

 

話をしようと居酒屋で話をしたらしいが、お前に何が分かるの売春婦のくせに!と大声で怒り、金を叩きつけて帰っていったと。

 

それから俺も姉も、るかとは連絡を取るのをやめた。

 

さらに翌年、姉は風俗を辞め、かねてから同棲していた会社員の彼氏と結婚した。結婚パーティには妹を招待していたが来なかったと聞いた。

 

それからこの姉妹に連絡をすることはなくなった。

 

そして7年後。

 

るかが俺に電話をかけてきた。

 

電話番号を消さずにいたのですぐに分かった。

 

ぽ:「久しぶりだね。げんき?」

 

るかが返事もせずにいきなり言う。

 

る:「ぽっきいさん、私とセックスしませんか?」

 

ぽ:「ん?なに?」

 

る:「ぽっきいさんのセフレの誰よりもわたし、エロいですよ。」

 

るかは28歳か、29歳か。

ため息をつきそうになったが、平静を装った。

 

とりあえずお茶しようよ、それからそうするならそうしよ。

 

意味の分からない返答だったが俺はそう言った。

 

それからさらに状況は深刻になっていった。