ぽっきいブログ

ぽっきいが伝える出会いのマインドと毎日のこと

女性も課金制のマッチングアプリはどんな使用感か?

今回の記事では男性のみなさんにとって有益な情報を書きたいと思います。

 

結論から言います。

 

今、一番出会いやすいマッチングアプリはどこか?

です。

 

いや変な出会い系サイトに誘導すんなよと思うかもしれませんが、ちょっと待ってください。

 

2022年に入ってから、ぽっきいがあちこちのマッチングアプリに潜入取材をしてきました。

 

この数、12個。

婚活系からどちらかというと遊び系まで、いろいろと。

 

全て実際に課金して試しました。

ペアーズが6か月コースのプレミアムオプション付き、ティンダーに至っては一番高い、なんとかというコースで2023年まで有効になっていますがもうアプリを消しました。

 

まあこの取材ではいろんな女性と知り合ったのですが、そのいきさつはまた書くとして・・・

やっていて痛感したのは、女性会員の質の問題。

 

質の問題というと語弊がありますが、質という言葉じゃなければ、客層でしょうか。

客層の問題が付きまとうのです。

 

 

例えば、男性からのメッセージに一言でしか返事をしない女性。

 

1か月も経ってから平気で返事をしてくる女性。

 

メンタル疾患があるのか自分勝手なことばかり言う女性。

 

男性会員本人にアドバイスをしだす上から目線の勘違い女性。

 

 

これでは男性会員もほとほと嫌になるでしょう。

男性がいい加減だから女性がそうなるのか、女性が適当だから男性がそうなるのか、もう輪廻転生状態で業が深い。

 

男性によってはこのコミュニケーション不全を目の当たりにして、「業者だ」とか「サクラだ」「援助目的だ」とか言う人も多いですね。

 

まあ気持ちは分かりますが、業者でもサクラでもない人の方が多いわけです。単に客層が悪いのです。

変な奴が混ざっているのです。

 

それはなぜなのか。

 

やっていてはっきりと気づきました。

 

女性会員は無料で利用できるから です。

 

だから無職でメンタル疾患の田舎の女性でも登録できるのです。いつでも登録でき、いつでも退会できます。すべてタダです。

出会い系アプリでは、女性会員が男性会員とメッセージをするたびにポイントがつき、何らかの特典と交換できるサービスまであります。(ただしこれだけを目当てにしている女性会員は現代ではほとんどいない。)

 

女性会員が男性会員に課金させるための仕掛けになっているのが、アプリの実態なのです。

 

あるいは男性に投資詐欺(暗号通貨など)を持ちかけたり、国際ロマンス詐欺を仕掛ける輩にとっては場所代がタダなので、詐欺師が群がることでしょう。

 

業者でなくても、タダなら適当にもなります。

場所が荒れるのも当然です。

 

では女性も有料制のアプリはないのかという疑問が浮かびます。

 

女性も有料なら適当な輩や、貧乏人のたかり行為もないだろうと。

 

実のところ、それは昔から存在していて、特に結婚相談所系のアプリやサービスでは女性も有料制です。

(伝統的な出会い系サイトでは皆無です。)

 

そこでちょっと調べてみると、2022年現在、女性も有料のマッチングアプリは次のようなものが存在しました。

 

 

婚活→恋活で色合いが違いますが、やはりガチ婚活系は女性も有料です。目的がはっきりしているので課金のニードがあるのでしょう。

 

通常のペアーズでは女性が無料なのですが、ちょっと真剣度を格上げした新しいアプリをリリースしているのが特徴的です。

 

ここを読んでいる人は、どちらかというと、婚活ではなく恋活の方をご希望でしょう。

 

そうすると、選択肢はふたつです。

 

match東カレデート です。

 

東カレデートについては、ハイスペック志向であること、若者向きであること、入会に審査があることなどから、ここの読者の方はきっと興味を示さないと思います。

 

ということは、残るはmatchです。

 

そこでぽっきいがmatchをガチでやってみました。

当然課金です。

 

matchについてちょっと調べたら、開設は1995年と最も初期の出会い系アプリです。運営会社はアメリカです。

「マッチング」という言葉はこのアプリが由来です。それくらいの老舗ということでしょう。

 

海外勢のマッチングアプリはほとんどが男女ともに有料制なのが特徴ですね。

 

課金をしないと、いいねを送られても相手に見えない、メッセージを送れない、メッセージを読めない、とほとんど何も出来ません。

 

ここをぽっきいがやってみたところ、ペアーズと同じくらいの勢いでいいねがつきました。

ぽっきいはペアーズでいいねは500+を維持していましたが、その内容は3割程度が詐欺や業者だと思われます。matchでも業者がゼロとは言い切れないでしょう。不正会員が紛れ込んでしまうのは仕方がないことです。

 

matchに課金初日、こちらからいいねは付けなかったものの、マッチングできたのは約50名。なかなかの勢いです。

そのうち、胡散臭いなと思った相手は10人ほど。たぶん暗号通貨の投資詐欺でしょう。

 

残りの女性とメッセージをやり取りしました。

 

ここで大きな驚きが。

 

他のマッチングアプリと比べると、女性からのメッセージの丁寧さが違います。一言で返事をするような輩はいません。

 

課金をするという大前提でこうも違うのかと驚きました。

 

婚活をしているというよりも、恋活というか友達を見つけたいというノリの会員が多いのか、女性が無料の婚活アプリのように「自分の結婚のための身勝手な釣り」をする女性の姿は見かけませんでした。

 

課金しているのに嫌われて通報されたくないという心理のおかげでしょう。

 

「課金期間はあと1か月です」というコメントも目立ち、有料期間内で相手を見つけたいという真剣度が伝わってきます。

 

そういうのって、今まで男性が苦心していた部分なんですがね・・・

 

男女の扱いが同じというのが今のアメリカという感じです。

 

いずれ日本のマッチングアプリも男女ともに有料化していくことでしょうね・・・

 

他のマッチングアプリ、出会い系アプリで女性の客層に疑問を感じていた方は、matchを試してみてください。

 

男女ともに課金制のmatchはこちら

 

 

【潜入】既婚者マッチングアプリを試してみた

既婚者専用のマッチングアプリとは何なのか

ある日、親しくしている女性(34歳既婚)からこんなLINEをもらいました。

 

「ぽっきい、このアプリ知ってる?既婚者専用マッチングアプリなんだけど」

 

俺はちらっと見て、すぐに閉じました。

 

「いやあ~こういうのって、昔からあるんだよね。サクラと業者だらけのアプリだろ?20年まえからこの手のアプリは雨後の筍のように生まれては消えるんだよね~」

 

俺が無能なおっさん感を発動して、まずは否定から入りました。

 

すると女性は返事をしてきました。

 

「ほら、すぐ否定する。わたしね、ここで5人と会ったの。既婚者だけね。不倫はする時間がないからセフレだけど」

 

まじですか・・・本気で本物の既婚者アプリなわけ?全員サクラとかじゃなくて?

 

「しつこいね、ぽっきいは。じゃあ自分で確かめてみろって!クソジジイ(以下自粛)」

 

というわけで潜入取材をすることになりました。

 

既婚者専用マッチングアプリ Cuddle

でございます。

 

取材というからには自腹で課金もして試すのがぽっきいの流儀です。果たして本当に会えるのでしょうか。

 

もし会えたら、そりゃもう宣伝させてもらいます。ぽっきい大絶賛です。

でももし業者だらけ、サクラだらけだったら、ぼろくそに叩こうと思います。

 

アプリの概要から

 

会員になる資格は、成人で、既婚者であること。それだけです。

開設は2022年。まだ出来立てホヤホヤのようです。サイトの設計は元Amazonのエンジニアということで、UI(ユーザーインタフェース)は洗練されてます。マッチングアプリというけれど、アプリはなし。ウェブだけで動きます。

 

アプリにしないのはスマホにアイコンを置かないため。既婚者専用というのがここで如実に現れていて、少し驚き。

 

会員数は1万人。ちょっと少ない気もするけれど、2022年の開設ですでに1万人とはなかなかのスピードです。

 

ではいざ中に入っていきます・・・

 

 

こんな写真が出てきました。

 

美人な大人の女性と、渋い大人の男・・・既婚者の集いという感じがプンプンします。函館の田舎生まれのぽっきいには、ちょっとコンプレックスを刺激される部分。

おしゃんてーな都会の男女のいけすかねー雰囲気を感じてしまいます。

 

普段はユニクロのスウェットで過ごしているぽっきいなので、これ大丈夫なのかと心配になってきましたよ・・・

 

いったいどんな女性がいるのでしょうか。ハイスペック好みのうさん臭い勘違い女しかいなかったらブチ切れるからな!と思いながらも、会員登録に進みます。

 

ウェブサービスのわりにサクサク動く。まるでアプリのようです。やはりこのあたりは設計者が元Amazonのエンジニアだからかというところ。

サクサク動くのが出会い系もマッチングアプリも大切なのは確か。もたもたするアプリなんかクソ過ぎてやる気がしない。

 

登録手順はものすごく簡単で、免許証を提出して終わり。年齢確認が法律で義務付けられているからです。これはどこも同じ。今は公安委員会への届出事業なのです、出会いアプリは。

年齢確認はLINEのシステムを使うらしく、データが残らないとかなんとか。まあ、安心ですな。

 

マッチングアプリは一般的に顔写真を載せるのが必須です。婚活系で顔写真なしは絶対にマッチングしません。

ここでもやはり顔写真を載せている人もいますが、多くは載せていません。

 

既婚者アプリだから?と思いましたが、これ、Cuddleの特徴で、顔写真は見せる相手を限定できるようです。いきなり最初から見せず、特定の相手に写真を見せられるということ。

 

バレたら大ごとですからね。なるほどです。

 

俺は試しに仙台で登録してみました。まだ怖いので課金はせず様子を見ることにします。ちなみに仙台には住んでいませんが・・・

 

ペアーズやmatchのようにサイト側が相性が良さそうな女性をAIで抽出して紹介してくれます。それを見て、「×」「♡」を押していきます。

♡を押すと、いいねです。×を押すと横に消えていきます。

 

女性のプロフィールを見ると、なるほどーという感じの自己紹介ばかりです。

 

「夫とは仲良しですが、時々寂しくなります。既婚者同士で理解のある恋愛がしたいです」

「家庭に何の不満もありません。でも心の栄養が欲しくて登録しました」

「会うのは月1回から多くても2回。近隣でない人の方が助かります」

 

など、もう普通のマッチングアプリにはありえない文言が並んでいます。

出会い系サイトと違うのは、プロフィールがどの人も知的であること。

出会い系サイトの客層ってひどいもんじゃないですか。ろくな脳みそしてねえだろと言いたくなるような、適当な女ばかりで。

 

無料でも相手にいいねが押せるようです。これで返事が来てマッチングするのか・・・?と思っていたら、約1時間後には早速マッチング。

 

早い。

 

仙台で登録したぽっきいですが、女性は福島県の人。

そしてまたマッチング。次は宮城県の人。

地方でも結構会員がいるようです。

 

でも待てよ・・・これサクラなんじゃないか?と疑っていると、またマッチング。

 

課金しないと返事が出来ません。もう課金しないとこれ以上判断できないなということで課金実行。

 

で、料金体系は?

 

 

少し高いかなと思います。一般的な婚活アプリの約2倍です。

 

でもここは、効率よく既婚者同士が出会えるメリットの方が大きいでしょう。婚活アプリがいくら安くても、そこで既婚を誤魔化して登録するわけにいきません。世間的にハンデのある出会いを簡単に提供してくれるので、むしろ安いと見るべきかもしれません。

 

取材ということもあって、とりあえず3カ月プランで課金しようかと思いましたが、思い直して12カ月プランに変更。約5万円。

取材するからには、デカく試すのがぽっきい流。

 

そしてさらにプレミアムオプションが用意されとります。

 

 

こちらは、一日にいいねが出来る人数を10人から30人に増やせるオプションですが・・・毎日10人はいいねが出来るので、ぽっきいはこれには課金しませんでした。

 

毎日活動すればいい話です。

 

ただし、次回の課金からは50%OFFクーポンも結構配っているので、それを利用すれば一般的なマッチングアプリと同じような料金で使えるようです。

 

課金をしてフルで利用できるようになったので、さっそくメールのやり取りを試みました。

 

するとですねえ・・・

 

やっぱり既婚者専用マッチングアプリって、主体的な目的があって女性も利用しているので、サクサク話が進むんです。

 

1週間で39人とマッチングしました。そのうち、全員とメッセージは継続。

ぽっきいはあまり急いで会うのは好まないので、まずは二週間はメッセージのやり取りだけしました。

 

すぐ会いたい、すぐ(やりたい)という女性が半分でしたが、急いでいいことは何もありません。相手の性欲に合わせていては、関係性は深まりません。セックスしてそれで終わるのなら、会いたくありません。

 

それで2週間後に残ったのは6人だけ。

 

東京2人、神奈川1人、宮城県2人、岩手県1人というメンバーです。

 

年齢は31歳~48歳、当然全員既婚者、有職者でお金に余裕あり、容姿は様々ですが全員小綺麗な方ばかりでした。

 

全員とアポを頂き、これからお会いする予定。

 

結論

会員数の割に、大手マッチングアプリのようにマッチングする。

 

しかも顔出しなし。

 

全員既婚者で、婚外恋愛を希望。一部はセフレ関係が希望。

ただし、年齢層は比較的高め。(30代後半以上が多い印象)

お金のない主婦は少ないかもしれない。お金と時間が自由になる、仕事を持つ女性がほとんど。

 

結論として、ここは既婚者には天国でしょう。

これなら絶対に出会えます。特に今は創業期で会員数が少ない。少ないのでむしろ出会いやすい。これが会員数が10万人を超えてくるとどうなるかは分かりません。雰囲気は変わるかもしれませんね。

 

ペアーズもティンダーも最初はみんな出会いまくりでしたからね。やっぱり最初のうちに手を付けたもの勝ちなんですよ。

 

既婚者で、婚外恋愛、不倫、セフレを望む方は絶対やるべきです。

 

 

既婚者専用マッチングアプリ Cuddleはこちらから

 

マッチングアプリで真面目さは要らない

今回の記事のテーマは・・・

 

マッチングアプリの正しい使い方 です

 

 

普段、出会いの指南をしているわけではないが、よく質問をもらう。

 

話を沢山聞いていると、まじめに頑張っているのに出会いがあまり上手く行ってない人に共通する点がいくつかある。

 

それは、

「まじめすぎる」ということ。

 

マッチングアプリでの人間関係をまじめに考えすぎている。

 

いやまじめなのはいいことなんだが、まじめすぎるんだよね。

 

俺の感覚では、マッチングアプリでの人間関係は、いい加減くらいでちょうどいいと思ってる。

 

気に入らなければ返事もせずにブロックするし、何人もの相手と同時進行でメッセージのやり取りをする。誰かとLINEを交換していても、別に良さげな人が現れたら切ってしまう。

 

そういうことをされると嫌と言う人がいるのは分かるが、マッチングアプリでしょと思う。

 

例えばこんな人がいた。

 

マッチングした後で、メッセージの交換をしないまま放置したら、相手の女性からメッセージが来た。

 

「ぽっきいさんからメッセージが来ないので、今違う方とやりとりをしています。私のことが好きなら、その方と白黒つくまで待っていただけますよね。」

 

正直言って、吐きそう(笑)

 

気持ち悪い。なぜ気持ち悪いのかと言うと、その場にふさわしくない真面目さのせいだろう。

いや、真面目というより、勘違いもはなはだしい。別にマッチングしただけで好きとかそんなの知らねえわと。

 

当然ながら俺はその女性をブロックし消し去った。

 

じゃあそもそもなぜマッチングしたのかというと、覚えているわけがない。少なくとも好きではない。

 

ポイントを大量に用意して、一気に100人に「いいね」しただけのこと。プロフィールなんて読んでいないし、興味もない。

 

釣れたらいいのだ。正直なところ。

 

だからマッチングしてから改めてプロフィールや顔写真を見て、これはないなと思っていきなりブロックすることも沢山ある。

 

そんなのひどいと言う人もいるだろう。

 

だが俺なんかだと、そんなのどうでも良くて。

マッチングして、やり取りをして、相性とノリが良くて、となったら会うまでに至るし、会って人間関係が深まったら、いいお付き合いを続けていく。

 

そこから真面目になったほうがいいだろう。

 

地下鉄丸ノ内線に乗って、乗客すべてにご挨拶をするような真面目さなど要らない。それだと変な人だし逃げる人もいるだろう。挨拶をするのがいくら良くても、場をわきまえないと変人扱いされる。

でも、そんな殺伐とした地下鉄で出会った一人の女性とは、いい人間関係になるだろう。

そういうこと。

 

「礼儀がない」と非難してくる人間もいるが、どうってことない。

 

気にしない方がいい。知るかボケ。

 

出会えない弱者が群れて俺のことを非難し盛り上がるだろうが、どうでもいい本当に。

 

それくらいの感覚で大量行動をすべきだよね。

 

マッチングアプリでは運営会社が定めるルールだけを守ればいい。ルールに書かれていない、人間社会のマナーなどどうでもいいよ。

 

そこはマッチングアプリという狩場だよ。

 

マッチングアプリではひたすら「いいね」を送る。プロフィールなど読まなくてもいい。

 

大量行動が必要で、大量行動をするためにはマナーなど無用なのです。

 

【大量行動をするならこちら】<18禁>